ダイエット

【美女】小川紗良、押井守原案の実写映画で大学時代の〇〇に思いを馳せるwww

投稿日:

小川 紗良(おがわ さら、1996年6月8日 - )は、日本の女優・映画監督。東京都出身。早稲田大学文化構想学部卒業。 都立高校生のときに雑誌「HR」の専属モデルになり芸能界へ。また同じ頃、高校行事のドキュメンタリーを撮ったことをきっかけに映像制作を始める。 女優、映画監督として活動している。 女優として、初主演映画『イノセント15』
58キロバイト (3,936 語) - 2020年10月3日 (土) 22:44

(出典 i.pinimg.com)
小川紗良が、押井守原案の実写映画「ビューティフル・ドリーマー」で主演に。役柄は、大学時代所属していた映画サークルを思い出す雰囲気に不思議な毎日だったみたいです。

そこで、小川紗良について、まとめてみましたので、ご覧ください。
〜管理人からの一言〜

1 エンテロバクター(東京都) [BR] :2020/08/12(水) 10:06:23.61

“監督絶対主義”を掲げた映画実験レーベル「Cinema Lab(シネマラボ)」が発足。
第1弾作品として押井守原案、本広克行監督、小川紗良主演の「ビューティフル・ドリーマー」が、
11月6日より東京・テアトル新宿ほか全国で順次公開される。

かつて実験的、芸術的な映画の製作・配給を行ったATG(日本アート・シアター・ギルド)に影響を受け発足した同レーベル。
「限られた予算」を唯一の条件に、映画監督が自ら企画開発、脚本、キャスティング、ロケーション、演出まで、
クリエイティブの責任を担い映画を制作していく。
参加監督には押井と本広のほか、「星空のむこうの国」で知られる発起人の小中和哉、「カメラを止めるな!」の上田慎一郎が名を連ねた。

「ビューティフル・ドリーマー」では押井が「夢みる人」という原案となる本を書き下ろし。
「サマータイムマシン・ブルース」でSF研究会、「幕が上がる」で演劇部の学生を描いた本広が、今度は映画研究会を題材にメガホンを取った。
舞台は、とある美術大学。映画を撮ったことのない映画研究会のメンバーが、“いわくつきの台本”の映画化に挑むさまを描く。
完全な形の脚本を用いず、現場で監督や俳優が口頭の打ち合わせで芝居をまとめる“口立て”と呼ばれる演出で制作された。

小川が監督として部員をリードする主人公のサラを演じたほか、カメラマンのカミオに神尾楓珠、
助監督兼雑用係として奮闘するムードメーカーのモリタに森田甘路(ナイロン100℃)、プロデューサーのリコに藤谷理子、
メイク担当のシエリに劇団ELEVEN NINES出身のヒロシエリ、録音担当のウチダに内田倭史(劇団スポーツ)が扮した。
また斎藤工が映研OBとしてメンバーを支えるタクミ、秋元才加が確かな演技力で撮影に貢献するサヤカを演じている。
そのほか映画コメンテーター“赤ペン瀧川”こと瀧川英次、俳優の升毅が本人役で出演した。

押井守原案の実写映画「ビューティフル・ドリーマー」11月公開、主演は小川紗良
https://natalie.mu/eiga/news/391548


(出典 ogre.natalie.mu)


(出典 ogre.natalie.mu)

続きを読む

Source: 肥満と健康それから美容の情報室
【美女】小川紗良、押井守原案の実写映画で大学時代の〇〇に思いを馳せるwww

-ダイエット

Copyright© 美活navi , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.